西武ライオンズ春季キャンプ|今年はこの選手で日本一!

2020年の今年も公式戦に向かってセ・パ両リーグが春季キャンプに入りましたが前回は読売巨人軍の様子を紹介したので、今回は2018年2019年のパ・リーグの覇者西武ライオンズのキャンプと辻監督の今年(2020年)の抱負、この選手で今年こそ日本一を奪還しようと活躍が期待できる選手を紹介します。

西武ライオンズ2020年春季キャンプ今年こそ日本一

西武ライオンズ2020年春季キャンプ地と日程

今年もセ・パ両リーグが宮崎、沖縄でキャンプインしましたが、西武ライオンズのキャンプ地と日程は次のとおりです。

日南(宮崎)で2020年2月1日(土曜日)から2020年2月19日(水曜日)まで(日南:宮崎は広島もキャンプ)行います。

ライオンズの選手はベテランも若手もこの期間の19日で必ずや2020年リーグ優勝はもちろんのこと日本一を目指して良い汗を流すでしょう。

辻発彦監督がV3への足固めとしたキャンプでの今年の抱負を述べています。パ・リーグ優勝を2年続けて勝ち取りながら無念にもソフトバンクに破れたため2020年の今年はなんとしてもパ・リーグ優勝はもちろん日本一を奪回します。

辻発彦監督2020年の抱負

「目標に掲げたリーグ3連覇と日本一に向けて、このキャンプでしっかりと足場を固めたい。今まで通りにやっていては勝てない。選手1人1人がチームを引っ張るつもりでやってほしい。1日(ついたち)からの選手に会うのが楽しみ。」という言葉で抱負を述べています。

辻発彦監督(つじはつひこ)

引用元:insight.official-pacificleague.com

2020年に期待できる選手

山川穂高内野手(やまかわほだか)

引用元:athletecipe.com

山川内野手は背番号33番のおかわり君2号と言われる28歳の主力打者で昨年はホームラン40本超えをしてホームラン王に輝きました。

一時4番を打っていましたが一時的な不振で6番に定着し活躍の場を広めましたが本来は4番を打つ選手と評価されています。

特に3打席連続ホームランは見事でその調子で今年2020年はホームラン50本台を打ってほしい逸材です。

中村剛也内野手(なかむらたけや)

引用元:youtube.com

中村剛也選手は言わずとしれた元祖おかわり君で背番号は60番で36歳です。過去に何回もホームラン王をとっている選手で豪快なスイングが特徴の選手です。しかし3振も多い選手でヒットというより中村選手ならホームランと思えるライオンズの4番で昨年は打点王に輝きました。

2020年の今年もガンガンホームランを打つことを期待し3振を少なくしてヒットも増やし打率を上げてほしい選手です。

森友哉捕手(もりともや)

引用元:baseballgate.jp

森友哉選手はライオンズの正捕手で打撃も良くヒットやホームランも期待できる背番号10番で23歳の若き獅子です。

捕手としてもセンスは抜群でピッチャーを上手にリードする女房役ですので森選手が正捕手で活躍しているうちはなかなか新人が上がって(正捕手に)来られませんが、それはチームにとっては贅沢な悩みです。

松坂大輔投手(まつざかだいすけ)

引用元:headlines.yahoo.jp

松坂大輔選手は言わずとしれた平成の怪物と呼ばれていたときがありもともと西武ライオンズのエースです。

大リーグに移籍したり日本に戻って来たときにソフトバンクに所属しましたが、2020年の今季から14年ぶりに古巣の西武ライオンズに戻って来ました。背番号16番の39歳です。

現在西武ライオンズで日南(宮崎)でキャンプに参加していますが、その人気は健在で松坂投手を一目見ようとキャンプ地に足を運ぶ根強いファンが多数います。

2020年の今年はライオンズでガンガン3振をとって活躍し日本一を奪回する主力選手になるように期待しています。

松坂投手に関しては元巨人の監督で現野球解説者の高橋由伸(たかはしよしのぶ)氏もライオンズのユニホームがしっくりくると評価しています。

内海哲也投手(うつみてつや)

引用元:baseballgate.jp

内海哲也選手は巨人から移籍してきたサウスポーの投手です。背番号は27番で年齢は37歳ですが、巨人に在籍していたときも成績は良くこの選手なら勝てると思わせてくれる信頼のおけるライオンズの新しいエースです。必ず2020年の今年はライオンズでエースの期待に答えてくれるでしょう。

その他の今年(2020年)期待できる選手

紹介した選手の他にもライオンズには良い選手がいます。

秋山翔吾外野手(あきやましょうご)は23歳の背番号55番若手選手でバッティングが良くヒットを期待できる選手でまだ若いのでこれからもっと伸びてくる選手です。

源田壮亮選手(げんだそうすけ)背番号6番、26歳や金子侑司選手(かねこゆうじ)背番号7番、29歳や守りの要の遊撃手外崎修太選手(そとざきしゅうや)背番号5番、27歳、栗山巧選手(くりやまたくみ)背番号1番、36歳など選手層が厚くどこの打順からも得点できるチームで今年2020年の日本一を目指します。

まとめ

前途したようにピッチャーの層も打撃、守りの層も厚くどの打順からでも得点できるチームなので2020年の今年こそ日本一になることを期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする