文鳥の寿命はどれくらい|たった10分でわかるように解説!

生まれたばかりの文鳥をペットショップで買い自分で育ててみたいあなたに今回は文鳥がどれくらい生きられるかいろいろなケースをもとに解説していきます。

この記事を読めば以下のことがわかります。

  • 文鳥の平均寿命
  • 文鳥の寿命の予兆
  • 病気の場合(ヒナ、成鳥)
  • 突然死
  • 老衰
  • 文鳥の最期
  • ギネス級の長生き文鳥
  • まとめ

文鳥の平均寿命

文鳥の平均寿命は7年から8年ですが文鳥は歳を取るスピードが早く人間の約10倍で7年では70歳8年では80歳で寿命としてはまあまあ妥当なところです。

ヒナの時に人に引き取られる文鳥よりも野生のノーマル文鳥の方が丈夫で長生きしやすい個体ですがノーマル文鳥以外の種類はすべて改良種でペット用になっています。

(文鳥の詳しい飼い方と種類は別記事で解説します。)

文鳥の飼い方はこちら

文鳥の寿命の予兆

ヒナの場合

ヒナの場合は病気で命を落とすのがほとんどですが、どんな病気かと言うと素人には全くわかりませんがある意味では冬場の風邪ひきが多いです。

ただ病気の予兆というか兆候はあり病気になると全く警戒心がなくなり周りを注意することなくケージから出すと人に寄ってきて動こうとしません。

病気のときの身体の特徴は普通は引き締まった羽をしていますがボサボサになり美しい羽の色も失われます。

羽化後3週間のヒナ(ここまで育てば安心)

torimate.com

また餌を食べようとせずくちばしは鮮やかなピンク色から薄紫や薄いピンクになることがあり普通に歩くのではなくよちよちと歩くのも何らかの病気にかかっている可能性が多いので早く動物病院に連れて行ったほうが良いです。

また口や鼻から「あぶく」を出してくるともうだいぶ弱っている証拠でここまで来ると危険です。

1番多いのは前途した冬の風邪が原因で弱るケースがあり体調を崩さないように冬場の温度には十分気をつけて育てます。

桜文鳥(生後1週間位。これくらいから飼うのが良い)

emifull.jp

成鳥の場合

成鳥の場合は老衰が多く症状はくちばしはピンク色なのに食欲がまったくなくあまり動かなくなるかあるいは動いても動作が鈍い状態が見られそれが7-8年生きた文鳥なら老衰でどうすることもできません。

その他には卵詰まりというのがありますが卵を産ませないように発情させないという考えはありますが、発情してもしなくても卵は産みますのでそれは無理な話です。

ただ個体によっては卵を多く産む多産系と生涯に3-4個しか卵を産まない個体もありますので、卵詰まりを必ず起こすとは言い難いです。

ヒナから成鳥へ

petshop-ricky.com

突然死

よく今まで元気にしていた文鳥が野菜の葉を食べた途端に急に苦しみ出してバタバタと暴れ意味もなく飛び回るようになりやがて動かなくなるということでこれは病気だと判断する人がいますが、実はそうではなくスーパーなどで売られている農薬を使って育てた野菜を食べたのが原因の大半ですので文鳥に野菜を与える時は必ず無農薬の野菜にするべきです。

文鳥の最期

文鳥は卵から羽化しヒナの時期を過ごし成鳥になる当たり前のことですが生を受けたものは必ず最期を迎えます。それは飼い主にとって可愛がっていた文鳥がいなくなるととても寂しいですが、そのような別れがあることを承知で飼いましょう。

そうでないととても可愛がっていた文鳥がいなくなると落胆しまいますので、いなくなるのが嫌だからという理由で動物嫌いでもないのに飼おうとしない人の気持ちもわかります。

しかし文鳥好きの飼い主に引き取られ温かい気持ちで家族同然に育てられたことはとても幸せなことです。

中にはなかなか人に慣れず気性の荒い文鳥は荒鳥(あらどり)と言われ誰にも引き取られずに観賞用にされてしまいます。

ギネス級の長生き文鳥

記録には残りませんが今まで聞いた最高年齢の文鳥は18歳ですが人間の歳のとり方の10倍のスピードで歳を取ります。人が生きるとしたら180歳という年齢です。

長生きする文鳥は野生のノーマル文鳥(並文鳥)が主で改良された個体は野生のものより短命とされています。(文鳥の種類については別記事で解説します。)

野生のノーマル文鳥(改良種より丈夫)

travelbook.co.jp

まとめ

  • 文鳥の寿命は7-8年(老衰の場合)
  • 病気の種類はわからないが兆候はわかる。
  • 農薬使用の野菜に注意。
  • 最高年齢の文鳥は18歳。

以上文鳥の寿命について解説してきましたが如何でしたでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする