18歳の成人はいつからか成人になるとできること|成人式はいつ?

一足先に公職選挙法で18歳から選挙権が与えられましたが、では民法で18歳を成人とする法案が通り施行されたら成人式はいつやるのか成人になるので今までできなかったことができることやいつから18歳成人となるのかを解説します。

20歳の成人年齢が18歳に引き下げられたらどうなるのか

18歳成人にはいつなるのか

st-ami.com

結論を言えば2022年(令和4年)4月1日から施行されるので実際には2023年(令和5年)の1月の成人式から18歳で新成人として参加できるようになります。

この年は(2023年)18歳、19歳、20歳の方が新成人になりますが、合同で成人式をやるか20歳の方を対象に成人式を行うか地方自治体が決めることですが、どうしたら良いのか頭を抱えている状態です。

なぜなら年齢を幅広く成人式の対象にしてしまうと大規模になるため20歳のみの成人式にしようか悩みところです。

ちなみに18歳で新成人になる対象の方の生年月日は2003年4月2日から2004年4月1日生まれの方が初めての18歳成人になります。

18歳になるといつ成人式をやるのか

studio-palette.com

18歳で新成人になっても成人式を18歳でやりなさいという法律はありません。

年齢的に18歳で成人式になると高校3年生で成人式をやることになる人が多いと思いますが、受験などで忙しいためこの時期に成人式をすると参加できない人が出るため地方の自治体で決めることになりますが、今の所まだ本格的には決まっていません。

私個人としてはなるべく成人式には参加してほしいので特に着物を着る女性は早めに予定を立てておくことをおすすめします。

18歳成人になると新しくできることが多くなる

kobe-np.co.jp

成人にならないとできなかったことがありますが、例えば現行の法律では20歳未満の人は未成年のため契約行為は無効になります。

親権者(親)などの法定代理人が承諾しない契約はすべて無効(なかったことにできる)になりたとえクルマを購入契約をしても本人の意思とは関係なく法定代理人がその契約を無効にすることができます。

逆を言うと法改正の18歳で成年になると親は本人の契約などを無効にできなくなるので大人として全責任を追うことになります。

また10年有効のパスポートが取れるようになったり各種ローンが組めるようにもなりクレジットカードにも問題がなければ加入できますし更に士業(司法書士、行政書士など)になるための資格が18歳で取れるようになります。

結婚は現行が女性は16歳以上男性は18歳以上で未成年の場合親の(1人だけで良い)承諾が必要ですが今後施行される民法では女性は18歳で結婚できることになります。

つまり男女ともに18歳で成人になるために一々親の承諾はいらないと言うことになりますが、その分責任が重くなります。

また1人で民事訴訟が起こせる(弁護士は必要)ようにもなったりこれまで20歳以上の人にしかできなかったことが数多くできるようになりますが、これは民法の話なので刑法はまた別の話になります。

18歳で成年になるあなたへ

jiji.com

社会的に18歳で成年になるということには賛否が別れますが、大人として社会に出るチャンスが早く訪れるわけですから大いに活躍してもらいたいし成人式にはぜひ参加してほしいと思います。

良くメディアで取り上げられるような乱入、暴力的行為を起こすいわゆる荒れる成人式になることだけは絶対に避けてください。

まとめ

  • 18歳で成人になるのは2022年4月1日以降になる。
  • 民法では18歳から成人なのでクレジットカードや携帯電話などの高価なものも契約できるようになる。
  • 現在では20歳未満の人には法定代理人が付き未成年者が親などの承諾なしに契約したものはすべて法定代理人によって取り消されたが今後は18歳、19歳で契約しても法定代理人はつかないので取り消せない。
  • つまり18歳で成年になったので自分のことは自分責任をとるという少し厳しい制度になる。
  • 民法では18歳で成年になるが刑法では別のはなし。

少し話が硬くなりましたが成人になることの意味と成人式について書きました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする