文鳥の飼い方ヒナから手乗りにするまでを解説100%わかる

あなたは愛らしい文鳥をヒナから育てることに興味があり生まれたばかりのヒナから手乗りになるまでの楽しさを知っていますか?

今回は文鳥の飼い方をヒナから手乗りにするまでの過程をご紹介しますのでこの記事を読んでいただければ文鳥さんの飼い方のすべてが分かります。

文鳥の原産地はインドネシアのジャワ島と、バリ島で熱帯地なので暑さには強く寒さには弱い性質のもともとは野生のスズメ目の鳥類です。

筆者の家には10年前ほどから絶えず7羽前後の文鳥さんがいますからその経験をもとに記事にしていきます。

この記事では次のことを解説します。

  • 文鳥のヒナ
  • 文鳥の餌
  • ケージ
  • 文鳥が暮らす温度
  • 文鳥を初めて飼う場合
  • 手乗り文鳥に育てる
  • 家をあける場合
  • まとめ
  • 追加記事予告

文鳥のヒナ

文鳥の繁殖期は9月から5月で換羽期(かんうき)は5月から6月で通常期(繁殖も換羽もしない)は6月下旬から9月ですが、繁殖行為をしない文鳥や明るい部屋で飼われている文鳥は換羽期が早くなり通常期が長くなります

わかりやすくいうと人に飼われている文鳥や明るい部屋で飼われているまたは、繁殖をしない文鳥は羽が生え変わる換羽期が早くなり普通に暮らす通常期が長くなります。

文鳥のヒナがペットショップで売られる時期は春と秋が多く繁殖期でも極端に寒い時期と暑い時期は売りに出されません。

生後1週間のヒナ(初心者さんが飼うには早すぎる)

petshop-ricky,com

上手なヒナの見分け方は勢いよく鳴き口を大きくあけて餌をおねだりする子が良く指を近づけても口をあけない子はあまり健康ではありませんのでそのようなヒナは避けた方が良いです。

ヒナが後に手乗りになるにはなるべく小さい時に家に連れてきて早く人になれさせることが重要と言われていますが、実はそれは手乗りになる条件の1番の要因ではありません。

ヒナを選ぶ時期は羽があまり生えていなくて地肌が見えるくらいの頃が良く大きくなるにつれなつかなくなる可能性があります。

ヒナのうちは口が割れているのが特徴ですが、これは文鳥に限らず鳥類は餌が食べやすいようにできています。

文鳥の餌は何が良いか

ヒナのときの餌

文鳥のヒナのときの餌は粟(あわ)やヒエなどですがペットショップで売られている「粟玉」を与えることが良くまだ文鳥を育てるのが初心者のときはあなたが自分でオリジナルの餌を考えるよりもペットショップで購入したほうが安全です。

ヒナに与える餌は給餌器という道具を使い口に近づけると大きな口をあけ威勢よく餌をねだるのでスポイトの先みたいなところで餌を口に入れます。

餌が欲しい時は大きな口をあけて騒ぎますが、お腹が一杯になると餌を近づけても反応しなくなるので餌はそれで十分です。

給餌の道具で餌付け。

fanimal.jp

成長したときの餌

ヒナが無事に羽が生え揃い文鳥らしくなって来た頃から「粟玉」から「剥き餌」=むきえに変えて補助食としてビタミンやミネラルが豊富なものを与え、水も与えますが必ず毎日取り替えます。

今は文鳥の餌もホームセンターで安価で購入できますから飼うのが1羽なら餌代は月に1,000円でお釣りがきます。

また市販の餌を与える以外にも小松菜や野菜の茎や葉などを与える時は必ず無農薬のものを与え基本的にスーパーなどで売られている野菜は農薬が使われておりそのようなものを文鳥が食べると命を落とすことがありますので絶対に無農薬のものにして下さい。

手乗りの白文鳥。

buncho-univ.com

ケージ

ケージとは文鳥のお家ですが、基本的に1羽に1つのケージで飼い途中から他の種類のケージに絶対移さないことを前提に、育てるケージを決めます。

途中でケージを変えると環境がガラリと変わるのでバタバタといつまでも暴れて新しいケージに慣れることがありませんから最後まで飼えるケージで育てます。

文鳥のお家のケージはホームセンターで3,000円前後で購入できとまり木やブランコ、餌入れ、水入れはセットになっています。

文鳥は糞はおかまいなしなので(猫のようにしつけるのは無理)ケージの下には新聞紙を敷き2-3日に1度は綺麗に掃除してあげます。

文鳥の快適な温度

文鳥は原産地が熱帯だと前途しましたがさすがに気温が35度を超えると肩を震わせ開口呼吸になるので適温はヒナで30度から34度で成鳥は25度から29度が最適です。

9月に入っても暑い日は続きますが、極端な温度の変化は真冬並みに危険ですので十分適温を保つことが大事なのですが、経験から言うと真冬に外に出すようなことがない限り温度での危険性はありません。

手乗りのシルバー文鳥。

twitter.com

文鳥を飼うのが初めての場合

文鳥を初めて飼う初心者さんが気をつけることは前途した健康なヒナを買うことはもちろんですが餌、水、部屋の温度などに十分気をつけます。

ヒナの場合は粟玉をぬるま湯につけて与えるため特に水を与える必要はありませんが餌やりは喉につかえないように慎重にやり無理に多く食べさせようとしないことで餌を口元に持っていき口をあけない時はお腹いっぱいです。

ヒナのときのケージは四角いマスのような小さいもので中に新聞紙やかんな屑(くず)などを入れて保温します。

新聞紙やカンナ屑は糞をして汚れますので、できれば毎日が理想ですが2-3日おきには掃除して新しいものと交換しましょう。

文鳥を飼うのが初めての時は何かと気を使いますがつい可愛いと触ってばかりいるとヒナが弱る原因となります。

生後約2週間のヒナ

rara-avis.sakura.ne.jp

このヒナの時期さえクリアしてしまえば極端に寒いあるいは暑い環境に置かなければそれほど神経質になる必要はありません。

しかし経験上はじめてヒナを飼った時は普通に育つか心配したものですが文鳥のヒナの成長は早く1日で羽の生え方が変わっていきます。

文鳥の成長は餌だけでなく熱エネルギーをもとにして成長しヒナから羽が生え揃うまでの期間は体重が増え続けますが、この時の体温は約43℃で保温がいかに大事かわかります。

前途したヒナの生育温度、成長の生育温度を守れば仮に病原菌が存在しても免疫力で発病を抑えることができます。

手乗り文鳥に育てる

文鳥を手乗りにするためには当たり前ですがヒナのときから挿し餌をして人になれるようにします。(自分では食べられないので当然ですが)

挿し餌というのは粟玉(ヒナの餌)をぬるま湯でふやかしたものを(給餌スポイト)という道具を使って与えます。

基本的に必要な時に必要な分の餌を与えて余った餌は取っておかず、ヒナを暖かくして眠らせることが1番重要ですのでよく食べよく眠ることが健康な成長になることの条件です。

ヒナを飼うことの基本は餌を与えるときも可愛いからと思い手のひらに乗せておくとどんどんヒナの体力が弱っていくので必要最低限の時以外はヒナを触ってはいけません。

文鳥はヒナの時に人に育てられる事により人を親だと信じますが、人に慣れることを刷り込み「インプリンティング」と言いますがこの刷り込みの時期は文鳥に限らず動物でも同じで例えば犬などは人に慣れる刷り込みができるのは生後5ヶ月までとされています。

桜文鳥。

petpedia.net

育てている初期は「個人」を親と認識するのではなく「人」という種を親として刷り込みますが飛べるようになる数日前から「人」という種の存在から個人つまり「飼い主」を親として判断するようになります。

手乗りにするにはなるべく小さいうちから餌付けをした方が良いと思ってしまいますがそれは間違いで飛べるようになるまでは人でさえあれば誰でも良いということです。

文鳥は成長すると親から離れて自分のパートナーや家族を持つことになりますが、すでにペットショップにいる時は飼い主を待っている状態です。

つまり飼い主である人はパートナーでもあり家族でもありますがこの時にヒナが飼い主をパートナーあるいは家族と認めるか認めないかで手乗りになるかならないかが決まります。

ヒナの時から餌付けや世話をしても手乗りにならなかった場合は文鳥が悪いのではなくただ飼い主を気にいらなかっただけなのです。

手乗りの白文鳥(左)と桜文鳥(成長)

kent-blog.com

手乗りになった文鳥は時には甘えてきたり突いて威嚇してくるような行動をしますが、これは飼い主を信頼している証拠と言われます。

注意しておきたいことは手のひらに乗ってきた時可愛いと思い少しでも握るようなことをすると潰されるのではないかと恐怖を覚えて手には乗るけど手のひらには2度と乗らなくなってしまいます。

またいくら愛情を込めて育てても人に全く慣れない文鳥を荒鳥(あらとり)といい主に観賞用になってしまいます。

手乗りになるかならないかの結論を言いますと大事に育てヒナに人が飼い主と認められた場合に手乗りになります。

手乗りのシナモン文鳥。

lookforlife.jp

家をあける場合

文鳥を(成長した場合に限る)家に置いて外泊するのは2泊までが限度ですが家をあける前に餌は十分に与えておき水も容器を1つ追加しておき冷暖房に気をつけますが風が直接当たらないところに置きましょう。

冷暖房をつけっぱなしにするのは電気代がかかりますが大事な文鳥を守るためなら多少の出費は安いものです。

ただ3日を超えて家を留守にする場合は家族か信頼できる友達に預け決して文鳥だけにはしないで下さい。

水浴びをする白文鳥(右)と桜文鳥。

youtube.com

文鳥の寿命はこちら

まとめ

まとめとしては次のことが言えます。

  • ヒナのときは餌と水、特に温度に注意。
  • ケージを決めて育て始めたらケージを変えない。
  • 手乗りになるかならないかは文鳥次第。
  • 文鳥を置いて外泊するのは2泊3日が限度。

以上文鳥の「飼い方」について解説してきましたが、今後は文鳥の鳴き声、値段、種類、里親、グッズなどの記事を追加していきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

文鳥グッズはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする